ハニードワーフグラミーの飼育について解説!

淡水水槽
[PR]記事内に広告が含まれています

特徴的なヒゲ美しい体色で水槽内に面白味を加えてくれる種として人気のあるグラミー。

色合いも様々で非常に選び甲斐があるのがグラミーですが、もう少し小ぶりだったら・・・と思う方もいわっしゃるはずです。

そこで今回は普通のグラミーよりも一回り小さいサイズで可愛いハニードワーフグラミーについて紹介していきたいと思います。

通常のグラミーと大きく飼育方法が異なる訳ではありませんが、いくつか注意点があるのでよく読んで下さいね。

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

ハニードワーフグラミーとは

ハニードワーフグラミーはスズキ目ゴクラクギョ科に属する淡水性熱帯魚です。

改良品種として流通しており、原種はインドに分布しています。

飼育できる熱帯魚として人気がありレイアウトコンテストなどのシーンでもよく見かけます。

名前の由来

ハニードワーフグラミーの名前の由来についてみていきましょう。

ハニーは体色から、大きくならないことを小人の意味のあるドワーフを用いてついた名前です。

きっと解説しなくてもすぐにわかる方がほとんどですよね。

体色に種類差がある種なのでたくさんのバリエーション楽しめるというのもグラミーの魅力のひとつです。

ハニードワーフグラミー以外のグラミーはこちらからご覧下さい。

マーブルグラミーを飼育してみよう!
熱帯魚の飼育にチャレンジしている方で少しサイズのある魚を導入したいな!と思ったことはありませんか? ネオンテトラやカージナルテトラ、オトシンクルスなど代表的な熱帯魚はとても可愛いのですが、やや小粒感が否めませんよね。 そこでオススメなのが今...

大きさ

ハニードワーフグラミーは成長すると4cm程まで大きくなります。

通常のグラミーが10cm前後まで大きくなることを考えるとその小さが際立ちますね。

小さいながらも立派なヒゲがよく目立つので可愛いですよ!

寿命

ハニードワーフグラミーの寿命は2〜3年です。

熱帯魚全体で見れば比較的丈夫な種ではありますが大きくなるグラミーと比べるとやや弱い印象です。

著者の個人的な見解ではありますがハニードワーフグラミーはゆっくり泳いでいることが多く、自分よりも大きな種がいるとすぐ端っこの方に隠れてしまうことが原因かと思っております。

表にあまり出なくなり、エサへの食いつきが悪くなるという悪循環に陥りやすい印象です。

性格

ハニードワーフグラミーの性格は大人しく温和です。

性格面で見ると混泳に向いている種です。

混泳については混泳のコーナーで詳しく説明します。

購入

ハニードワーフグラミーは人気の種という事もあり、流通量の多い魚です。

その為ネットはもちろんのこと、アクアショップなどの量販店でも必ずと言っていい程の確率で販売されています。

価格は1匹あたり350〜500円程で販売されています。

比較的リーズナブルなので初心者の方もチャレンジしやすい種です。

著者の家の近くのペットショップでは通常のグラミーは扱っていないがドワーフグラミーは扱っているというお店さんもあります。

ハニードワーフグラミーのヒゲ

ハニードワーフグラミー限らずグラミーについて気になることと言えばヒゲですよね?

特徴的なカラーリング以上に目立ちますもんね。

このヒゲはオシャレで生やしている訳ではなく、エビや昆虫でいう「触覚」の役割をしています。

時にエサと間違えられて噛み付かれた拍子に切れてしまう事もありますが、切れてしまっても数週間でまた再生するので通常通り飼育してOKです。

ハニードワーフグラミーを飼育してみよう

ハニードワーフグラミーの基本情報は覚えられましたか?

ここからは飼育方法について解説していきます!

飼育アイテムを揃えよう!

ハニードワーフグラミーの飼育に必要なアイテムは以下の通りです。

・水槽

・ろ過装置

・ヒーター

・クーラー

・エアー用品

・底砂

・エサ

上記のアイテムは他の淡水魚の飼育でも使用する基本アイテムです。

基本的なアイテムがあれば問題なく飼育する事が出来るのは初心者の方からすると、とても嬉しい事ですよね!

水槽サイズ

マーブルグラミーはペアであれば30cm水槽から飼育可能です。

他の種と混泳させる事を考えたら45cm以上の水槽がオススメです。

予算やスペースに余裕がある場合には、なるべく大きな水槽で飼育する事でと色々な魚と混泳させることができたり、水質の維持が楽になるなどメリットがたくさんなのでオススメです。

30cm水槽などの小さな水槽での飼育をする方は以下の記事を参考にして下さいね

小型水槽での飼育について学ぼう!
初めて水槽を始めてみようと考えた時に皆さまが考える事はなんですか? 飼いたい生体、淡水か海水、必要経費などなど様々あると思います。 ですが1番に考えるのは水槽のサイズではないでしょうか? 部屋の空きスペースをどのくらい使えるのかで水槽のサイ...

水温

ハニードワーフグラミーは21〜28度の水温で飼育する様にしましょう。

飼育可能水温内でも急な水温変化は病気死んでしまう可能性を上げる要因になってしまうので気をつけましょう。

特に水合わせ時や換水時、朝と夜の気温差が大きい時期などは注意が必要です。

最適水温は25度前後なのでヒーターとクーラーで水温を一定に保つ様にしてあげる事が長生きさせるコツです。

予算の関係でクーラーを導入出来ない方は室内の空調をつけっぱなしにする事で夏を乗り越えられる事があるので試してみて下さいね。
GEX ヒートナビ220
60cm水槽に使えるヒーター
水温調節も楽ちん!

水流

ハニードワーフグラミーはあまり強い水流を好まない魚です。

なので水槽内で流れが弱いところがあるか確認するようにしましょう。

特に気をつけたいのが小さい水槽で飼育している場合です。

小さい水槽は大きい水槽に比べて水流の強い場所、弱い場所の差が少ないからです。

また、フィルターが水槽に対してオーバースペックの場合もかなり強い水流が予想されます。

フィルターからでる水流の向きを調節して流れの弱い場所を確保してあげましょう。

混泳

性格のコーナーでも少しお話ししましたがハニードワーフグラミーは混泳に向いている種と言えるでしょう。

オススメなのはネオンテトラやカージナルテトラなどの小型熱帯魚との混泳です。

ハニードワーフグラミーよりも大きな種との混泳は隠れがちになってしまったり、エサが行き渡らないなどの懸念材料があるのであまりオススメ出来ません。

同種同士では時に小競り合いを起こしますが、大きな問題になる様な喧嘩はあまりしません。

エサ

ハニードワーフグラミーは基本的に好き嫌いせずになんでも食べてくれます。

既に水槽をやっている方は現在与えているエサでよいですし、これから立ち上げる方はアクアショップやホームセンターで見つけたエサでOKです。

強いて言うならハニードワーフグラミーは中層を泳ぐ魚なので、沈殿スピードが速すぎるエサよりは浮遊するエサの方が食べやすいです。

エサのパッケージに浮遊系か沈殿系か記載してあるので確認してから購入すると良いでしょう。

悩んでしまう方には「おとひめ」をオススメさせて頂きます!

ハニードワーフグラミーに限らず、人工飼料を食べる観賞魚ならほとんどの種に使うことのできる万能エサです!

オススメの「おとひめ」
よく食べてくれます。
程よく沈んでくれるのでハゼなどにも!

まとめ

いかがでしたか?

ハニードワーフグラミーは可愛いフォルムで可愛いサイズのお魚です。

女性ウケも悪くない種だと思います。

価格や飼育難易度的にもチャレンジしやすい種なので皆さんチャレンジしてみて下さいね!

最後までご愛読いただきありがとうございました。

熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

淡水水槽淡水魚
スポンサーリンク
翔太をフォローする
Wicture|ウィクチャ―

コメント