アカヒレを飼育してみよう!

淡水水槽

今回は初心者さんにおすすめなアカヒレを紹介していきたいと思います。

初心者さん向きな理由は多数あり、非常に飼育しやすい種となっています。

また「パイロットフィッシュ」としての役割もこなす事のできる超万能種です。

この解説を読み切った時にはきっと「やっぱりおすすめなだけあるな!」と思うはずなので、是非読んでいって下さいね。

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

アカヒレとは

アカヒレとはコイ目コイ科に属する淡水熱帯魚です。

元々、中国に分布していましたが野生種は絶滅したそうです。

ですが近年ベトナムでも生息が確認されたそうです。

繁殖が容易なため、アクアリウム界では困る事のないほど大量に流通しています。

なので扱われている個体は全て養殖個体です。

名前の由来

名前の由来の項目を作ろうか悩むほど、簡単な名前ですよね。

そうです。ヒレ部分が赤く染まっていることからアカヒレと呼ばれるようになりました。

逆に外見的特徴が赤いヒレしか無いとも言えます・・・笑

英名ではwhite cloud mountain minnowと呼ばれています。

white cloud mountainは直訳すると「山にかかる白い雲」となります。

恐らく白銀の体色を表しているのではないかと思います。

ちなみにminnowはコイの仲間という意味を持ちます!

意外なことに英名では赤いヒレが由来になっていないということですね!

大きさ

アカヒレは成長しても4cmほどとあまり大きくなりません。

ネオンテトラなどと同様に小型の淡水熱帯魚です。

コイの仲間と聞くとついつい大きいのではないかと思ってしまいがちですが、可愛いサイズですよね。

寿命

アカヒレの寿命はおおよそ3年ほどと言われています。

観賞魚の中でも有数の丈夫さを誇っているので、是非寿命を全うさせてあげましょう。

アカヒレの調子が悪い時は水槽内に異常が起きていると思った方が良いでしょう。

性格

アカヒレの性格は温和といって良いでしょう。

場合によってはオス同士がメスを巡って喧嘩することがありますが、傷付け合うほどのものではないので気にしなくて大丈夫でしょう。

購入

アカヒレは通販やアクアショップで購入することができます。

メジャーな種なのでホームセンターなどでも取り扱っていることが多いでしょう。

価格は1匹あたり100〜150円ほどで、まとめ買いで安くなる場合が多いです。

またアカヒレは丈夫なので通販で購入したとしても、運搬時のダメージはほとんどないでしょう。

その為、近所に購入できる場所がない方や買いに行くのが面倒という方は通販で購入しましょう。

初心者にオススメ!パイロットフィッシュとは?

アクアリウム界で非常に丈夫な魚として有名なのが今回ご紹介しているアカヒレです。

その為、パイロットフィッシュとしてよく使われています。

パイロットフィッシュとは魚を飼育できる環境かどうかを調べる魚の事を言います。

水槽を立ち上げて間もない頃はバクテリアが少なく、すぐに水質悪化を招いてしまう可能性があるので丈夫な種類の魚を入れてバクテリアを増やしていくのです。

パイロットフィッシュを入れて数日が経過した後に、他の種類の魚やエビを導入するのが基本的な流れとなっています。

こういった面からみても初心者の方にオススメの魚と言えますね!

アカヒレを飼育してみよう!

アカヒレの基本情報がわかったら飼育方法について学んでいきましょう!

飼育アイテムを揃えよう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・水槽

・ろ過装置

・ヒーター

・エアー用品

・底砂

・エサ

上記のアイテムは他の淡水魚の飼育でも使用する基本アイテムです。

基本的なアイテムがあれば問題なく飼育する事が出来るのでチャレンジしやすい種と言えますね。

淡水水槽の詳しい立ち上げ方についてはこちらをご覧下さい。

熱帯魚(淡水)水槽にチャレンジしてみよう!
最近はコロナウイルスの影響もあり、自宅で楽しめる趣味をはじめる方が増えています。 家庭用ゲームは完売になっているものもあるそうですね。 もちろんアクアリウムも自宅で楽しめる趣味としてはじめる方が増えています。 そこで今回は熱帯魚(淡水)水槽...

水槽サイズ

アカヒレの飼育は30cmほどの小型の水槽で飼育ができます。

またボトルリウムやテラリウムなど飼育できる種が限られる様な水槽でも問題なく飼育が可能です。

大きな水槽で群泳させるもよし、小さな水槽やインテリア向けの水槽で可愛く飼育するもよしと場所を選ばずに活躍してくれるのはありがたいですね。

ただ初めて水槽飼育を行う方は、極力大きめの水槽を準備することをオススメします。

小さな水槽は細いメンテナンスが必要で、少し難しいのです。

もしもスペースと予算があるなら60cm以上の水槽で飼育すると失敗する事なくスタートできますよ!

30cm水槽
アケボノハゼや小型の海水魚に
オススメの水槽!

小さな水槽での飼育は以下の記事を参考にして下さい。

小型水槽での飼育について学ぼう!
初めて水槽を始めてみようと考えた時に皆さまが考える事はなんですか? 飼いたい生体、淡水か海水、必要経費などなど様々あると思います。 ですが1番に考えるのは水槽のサイズではないでしょうか? 部屋の空きスペースをどのくらい使えるのかで水槽のサイ...

水温

アカヒレを飼育する際は水温を24度前後に保つようにしましょう。

飼育可能な水温は10〜28度と観賞魚の中でもかなり水温に耐性のある種となっています。

この辺りはさすがコイ科といえますね。

ちなみに元々の分布が中国と先ほど記載しましたが、中国は熱帯域ではないので実際には「温帯魚」と呼ぶのが正しいかも知れませんね。

アカヒレのみを飼育する場合には屋内であれば、ヒーターがなくても飼育が可能な場合があります。
GEX ヒートナビ220
60cm水槽に使えるヒーター
水温調節も楽ちん!

混泳

アカヒレは混泳にも適しています

体が小さいので他魚を襲う事はありませんし、稀にあるオス同士の喧嘩でも大したものではないです。

逆に小さい分、混泳させる種に襲われてしまう事があるのでエンゼルフィッシュなど口に入るサイズの魚を食べてしまう種との混泳は避けましょう

同種との混泳

まとめ売りされていることから分かる様に、同種との混泳ももちろんOKです。

オスとメスを混泳させれば繁殖も狙えるので積極的に混泳させましょう。

エサ

アカヒレは人工エサ生エサともに好き嫌いせずに食べてくれます。

生エサは解凍したり、残ると水槽を汚したりと少々扱いにくいので人工エサが良いでしょう。

ホームセンターに売っているものなど手軽に購入できるものでOKですよ!

他種と混泳させている場合には、混泳相手のエサに合わせて大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?

アカヒレはやはり飼育しやすいということがよくわかりますね!

立ち上げ際はもちろん、長期的に見ても長く活躍してくれる観賞魚です。

是非飼育してみてくださいね!

最後までご愛読頂きありがとうございました!

熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

淡水水槽淡水魚
スポンサーリンク
翔太をフォローする
Wicture|ウィクチャ―

コメント