アクアリウムの作り方!初心者でも簡単に始められる方法や必要なものを紹介

アクアリウム水槽の器具・用品
[PR]記事内に広告が含まれています

アクアリウムを始めてみたいと思っても、どれくらいのサイズの水槽から挑戦すればいいのか、どんなアイテムを揃えればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アクアリウム初心者の方に向けて、作り方が簡単な水槽の種類や具体的な作り方、必要なアイテムなどを紹介します。

ぜひこの記事を参考にして、アクアリムに挑戦してみてください。

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

アクアリウム初心者でも作り方が簡単な水槽の種類

アクアリウムは、自然の風景を再現したり、魚たちの生態を観察したりする楽しみがあります。

まずは、大まかにアクアリウムの種類をそれぞれ紹介し、その中から、初心者向けのアクアリウムを紹介します。

アクアリウムは大まかに4種類に分けられる

アクアリウムは大きく分けると、以下の4つに大別できます。

川をモチーフにした淡水水槽
海をモチーフにした海水水槽
淡水と海水が混じりあった汽水水槽
陸地と水中が融合するアクアテラリウム

川をモチーフにした淡水水槽

まず一つ目は、川をモチーフにしたアクアリウムで、一般的に淡水水槽と呼ばれるタイプのアクアリウムです。

川の流れを再現した水槽は、水草や石を配置することで自然の風景を表現します。

流れる水の音も心地よく、リラックス効果も期待できます。

海をモチーフにした海水水槽

次に、海をモチーフにしたアクアリウムで、一般的に海水水槽と呼ばれるタイプのアクアリウムです。

海水魚や珊瑚を飼うことで、まるで海辺にいるかのような雰囲気を作り出します。

色鮮やかな魚や珊瑚は、視覚的にも楽しむことができます。

淡水と海水が混じりあった汽水水槽

三つ目は、汽水水槽です。

汽水水槽は、淡水と海水の中間の塩分濃度を持つ水槽のことを指し、フグやウナギなど一部の魚が生息する環境を再現しています。

しかし、飼育できる魚の種類は限られており、一般的なアクアリウムと比べると種類は少なく、あまり人気ではありません。

また、水槽の作り方や汽水魚の飼育には専門的な知識が必要となり、あまり初心者にはおすすめできません。

陸地と水中が融合するアクアテラリウム

最後に、アクアテラリウムです。

水中と陸地を組み合わせた環境で、カメやカエルなどを飼うことができます。

水と緑のコントラストが美しく、自然の一部を部屋に持ち込んだような感覚を味わえます。

陸地のテラリウムと、水槽のアクアリウム両方を作る技術が求められ、比較的上級者向けといえます。

アクアリウム初心者でも作り方が簡単なのは淡水水槽

これらの中でも、特に初心者向けと言えるのが川をモチーフに、淡水魚を飼育する淡水水槽です。

海水水槽に比べて設備や管理が簡単で、アカヒレやメダカ、金魚など、飼育できる熱帯魚の種類も豊富です。

また、水草や装飾品を自由に配置することで、自分だけの水景を楽しむことができます。

水草の楽しさに目覚めた場合は水草水槽に挑戦してもいいですし、金魚の飼育が楽しかった場合は、金魚アクアリウムという形で金魚特化させていくという方法もあります。

アクアリウム初心者は、まずは淡水水槽から挑戦してみましょう。

淡水水槽を始めるにあたって初心者がまず揃えるべきアイテム

淡水水槽を始める際には、いくつかの必要なアイテムがあります。

これらのアイテムは、水槽の環境を整え、魚たちが快適に生活できるようにするために必要です。

水槽

まず最初に必要なのは、当然ながら水槽です。

飼育したい魚のサイズや数に合わせて選びます。

水槽のサイズは、小さすぎても大きすぎても維持が大変です。

淡水熱帯魚は活発なので、ある程度深さのあるものをベースに中型程度のサイズがおすすめです。

熱帯魚を飼育する場合はフィルターなどの設備も必須となります。

また、水質に敏感な魚を飼う場合は、高価なろ過フィルターを設置するなど、魚に合わせた環境を構築していきます。

低床(砂利・砂・ソイル)

次に必要なのは、低床です。

これは水槽の底に敷くもので、砂利や砂、ソイルなどが一般的です。

低床は、アンモニアなどの有害物質を分解するバクテリアの住処となり、水質を安定させる役割を果たします。

水質調整剤

水道水には魚にとって有害な塩素が含まれています。

そのため、水道水を水槽に入れる前には必ずカルキ抜きを行う必要があります。

これには水質調整剤を使用します。

ろ過フィルター

淡水熱帯魚は水質だけでなく、適度な酸素を取り込むことも必要です。

水をきれいに保ちつつ、酸素を水中に取り込むためには「ろ過フィルター」を設置しましょう。

また、淡水熱帯魚は活発なため、水流もある程度必要とします。

ろ過フィルターは、水質の維持や酸素の取り込みだけでなく適度な水流も作るため、魚が快適に生活できる環境を作り出します。

フード

最後に、魚に与えるフードも忘れてはなりません。

淡水熱帯魚に適したフードを選び、魚の健康を維持しましょう。

以上が、淡水水槽を始めるにあたって必要な基本的なアイテムです。

アクアリウム初心者の方は、まずこれらを揃えるところから始めましょう。

アクアリウム初心者が淡水水槽を簡単に始める手順

アクアリウムは、自然の一部を自宅に持ち込む楽しみを提供します。

しかし、淡水水槽を始めるには、いくつかの基本的な手順を理解し、適切な準備をする必要があります。

以下に、淡水水槽を始めるための基本的な手順を詳しく説明します。

ステップ1: 水槽の選択

アクアリウムの世界への第一歩は、水槽の選択から始まります。

水槽の大きさは、飼いたい魚の種類と数によります。

初心者の方はできるだけ小さめの水槽を選ぶことが推奨されますが、水量が少なすぎると水質が安定しにくいので注意が必要です。

例えば、金魚やメダカの場合、30cmの水槽で始めることが推奨されます。

また、水槽の形状も重要です。四角い水槽は視覚的に美しく、メンテナンスもしやすいため、初心者には特におすすめです。

ステップ2: 装置の設定

次に、水槽に必要な装置を設定します。

まずはエアレーション(酸素供給)機器とろ過装置が必要です。

エアレーション機器は酸素を水中に供給し、魚が呼吸するのに必要な酸素を確保します。

一方、ろ過装置は水槽の水をきれいに保つために必要です。

ろ過装置は、魚の排泄物や餌の残りなどの有害物質を取り除き、水質を安定させます。

また、水温調整が必要な生体の場合は「クーラー」や「ヒーター」も必要となります。これらの装置は、魚の生活環境を最適に保つために不可欠です。

ステップ3: 水槽の設置

水槽の設置場所も重要なポイントです。

水槽は直射日光の当たらない、水平な場所に置くようにしましょう。

直射日光が当たると水温が上昇し、藻が繁殖しやすくなります。

また、水平でない場所に水槽を置くと、水槽が傾いたり、水がこぼれたりする可能性があります。

60cm未満の水槽の場合は普段使用してるテーブルの上でも問題ありませんが、それ以上の大きさの場合は耐久性のある水槽台(キャビネット)を用意するようにしてください。

ステップ4: 水槽の装飾

水槽の装飾は、魚の生活環境を整えるだけでなく、視覚的な楽しみも提供します。

底砂、水草、岩石、流木などを使用して、自然環境を模倣することが一般的です。

これらの装飾品は、魚が隠れたり、産卵したりする場所を提供します。

また、水草は水質を改善し、魚のストレスを軽減する役割も果たします。

ステップ5: メンテナンス

アクアリウムを作った後に行わなければならないメンテナンスには、餌やり、水温の管理、水質のチェック、水換え、ろ過フィルターの掃除・交換などがあります。

これらのメンテナンス作業は、魚の健康を維持し、水槽内の環境を安定させるために重要です。

熱帯魚の体調や、水槽の汚れ具合によっては、専門の業者に見てもらう必要が出てくるかもしれません。

弊社では、お客様が所有する水槽のメンテナンスも当然お受けしておりますが、水槽のレンタルや導入時のサポートも行っております。

初心者の方が初めてアクアリウムを設置する場合、不明なことも多いと思いますので、その際は一度お気軽にご相談ください。

熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

アクアリウム水槽の器具・用品
スポンサーリンク
株式会社Emas Designをフォローする
Wicture|ウィクチャ―

コメント