アクアリウムとは?趣味としての魅力やアクアリウムとハーバリウムの違いを紹介

アクアリウム水槽の器具・用品
[PR]記事内に広告が含まれています

水中の生命の美しさと静けさを自宅で楽しむための装置、それがアクアリウムです。

近年では、アクアリウムを趣味にする人も多く、年々人気が高まっています。

そこで、この記事ではアクアリウムとはどういったものなのか、定義や種類を紹介し、趣味としてどんな魅力があるのか紹介します。

また、アクアリウムに似た趣味としてハーバリウムがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

アクアリウムの魅力だけでなく、ハーバリウムとどちらがおすすなのかもあわせて紹介します。

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

アクアリウムとは

「アクアリウム」とは、魚をはじめとした水生動物を人工的に飼育する水槽のことを指します。

水族館のような大型施設から個人で楽しむ設備まで、さまざまな規模のものがあります。

一般的には、ガラス水槽が用いられ、水底に砂や小石を敷き、水草を植えて自然環境を再現します。

必要に応じてエアポンプや定温装置、かくはん装置なども設置します。アクアリウムの愛好者は「アクアリスト」と呼ばれています。

アクアリウムは「魚を飼育する」という意味で使われることが最も多いですが、それだけではなく、エビや水草、サンゴなど、水中に暮らす生体の飼育と水景作りも含んでいます。

そのため、他の生体を入れない大型魚単独の水槽はもちろん、エビ水槽や水草をメインとしたレイアウト水槽もアクアリウムといえます。

アクアリウムの種類を大別すると、淡水アクアリウムと海水アクアリウム、淡水と海水が混じりあった汽水アクアリウム、陸地と水中が融合するアクアテラリウムの4つがあります。

特に淡水アクアリウムと海水アクアリウムが最も一般的で、淡水アクアリウムは淡水に生息する生体を中心とし、海水アクアリウムは海水に生息する生体を中心とします。

それぞれの種類にはさらに細かい分類があり、非常に奥が深い世界といえます。

アクアリウムの種類

アクアリウムはその存在だけで空間に癒しをもたらしますが、その形状や種類は多岐にわたります。

それぞれの特性を理解し、自分のライフスタイルや好みに合ったアクアリウムを選ぶことが、長く楽しむための第一歩です。

水質による分類

アクアリウムは大きく分けて淡水と海水の2つに分類されます。

淡水アクアリウムは、淡水に生息する生体を中心としたもので、熱帯魚や日本淡水魚、金魚、メダカ、エビ、水草などが主な生体となります。

一方、海水アクアリウムは海水に生息する生体を中心としたもので、熱帯魚(海水)、エビ、サンゴなどが主な生体となります。

海水アクアリウムは水換えの度に塩分を調整しなければならないため、淡水アクアリウムに比べると手間がかかりますが、カラフルな体色の熱帯魚はとても魅力的で、手間を惜しまず熱心に飼育に取り組む人も少なくありません。

飼育目的による分類

アクアリウムの飼育目的による分類もあります。

例えば、大型魚単独の水槽、エビ水槽、水草をメインとしたレイアウト水槽などがあります。

また、最近では小型水槽よりもさらに小さな容器で魚を飼育する「ボトルアクアリウム」も人気があります。

飼育スペースが小規模で、基本的にろ過フィルターやヒーターもいらないことから、手軽に始めやすいのが人気の理由です。

大きさによる分類

アクアリウムは大きさによっても分類されます。

大型水槽と小型水槽があり、それぞれに適した生体やレイアウトがあります。

大型水槽は大きな魚を飼育することができ、豪快な動きを楽しむことができます。

一方、小型水槽は場所を取らず、手軽に飼育を始めることができます。

また、小型の水槽では、細部までこだわったレイアウトを楽しむことができます。

アクアリウムの趣味としての魅力

アクアリウムは、水中の生物を飼育し、その生態を観察する楽しみを提供します。

また、水槽内に自然環境を再現することで、自分だけの小さな世界を作り出すことができます。

しかし、その一方で、アクアリウムの趣味にはメリットとデメリットが存在します。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

アクアリウムを趣味にするメリット

アクアリウムを趣味にする最大のメリットは、自然の美しさと生命の営みを身近に感じられることです。

水槽内の生物たちは、餌を食べたり、泳いだり、産卵したりと、日々さまざまな行動を見せてくれます。

また、水草やサンゴなどを配置することで、自然環境を再現し、その変化を楽しむこともできます。

さらに、アクアリウムはリラクゼーション効果もあり、見ているだけで心が落ち着き、ストレス解消にもつながります。

アクアリウムを趣味にするデメリット

一方、アクアリウムの趣味にはいくつかのデメリットも存在します。

まず、初期投資と維持費がかかることが挙げられます。

水槽やフィルター、照明などの設備、生物や餌、水草などの購入費用、電気代など、思った以上に費用がかかることがあります。

また、生物の飼育は責任が伴います。

定期的な水換えや掃除、餌やりなど、手間と時間が必要です。

さらに、生物が病気になったときの対処や、長期間の留守時の対策など、様々な問題に対応する必要があります。

アクアリウムとハーバリウムの違い

アクアリウムとハーバリウム、これらはどちらも美しい生物を観賞するための装置ですが、その特性と利用方法は大きく異なります。

アクアリウムは水中生物の生態を観察するための装置で、ハーバリウムは植物を保存し、その美しさを楽しむための装置です。

それぞれの特性を理解し、自分のライフスタイルに合った選択をすることが大切です。

ハーバリウムとは

ハーバリウムは、植物や花を特殊な液体に浸して保存し、その美しさを長期間にわたって楽しむための装置です。

透明なガラス瓶の中に植物を配置し、特別なオイルで満たすことで、植物は鮮やかな色を保ち、枯れることなく美しさを保つことができます。

ハーバリウムは、自然の美しさをインテリアとして楽しむためのアイテムとして人気があります。

また、手作りのハーバリウムは、自分だけのオリジナル作品を作る楽しさを提供し、ギフトとしても喜ばれます。

アクアリウムとハーバリウムはどっちがおすすめ?

アクアリウムとハーバリウム、どちらがおすすめかは、あなたのライフスタイルや好みによります。

ハーバリウムはメンテナンスがほとんど必要なく、小さなスペースにも置くことができるため手軽に楽しむことができます。

また、ハーバリウムは自分で作る楽しさもあります。

自分の好きな植物や花を選び、オリジナルの作品を作ることができます。

しかし、作り終わればそれで終了となるため、趣味の部類としてはモノづくりやハンドメイドに近い傾向があるでしょう。

一方、アクアリウムは、水中生物の生態を観察する楽しさが主な魅力です。

魚や水草の世話をすることで、リラクゼーション効果もあります。

しかし、アクアリウムは定期的なメンテナンスが必要で、設置スペースも必要です。

また、生物の飼育には相応の責任も伴うため、モノづくりやハンドメイドのような趣味とは異なり、やはりペット飼育に近い趣味といえます。

どちらも自然の美しさを楽しむことができますが、アクアリウムは生態系の観察と世話、ハーバリウムは植物の美しさと創作活動を楽しむという違いがあります。

あなたのライフスタイルや好みに合わせて、最適な選択をしてください。

熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

アクアリウム水槽の器具・用品
スポンサーリンク
株式会社Emas Designをフォローする
Wicture|ウィクチャ―

コメント