アクアリウムで使う人工海水の作り方

アクアリウム水槽の作り方
[PR]記事内に広告が含まれています

海水魚を飼育する場合、海水を準備することは必須です。

しかし、天然の海水を使用することは管理が難しく、人工海水に挑戦しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事は、アクアリウムで使う人工海水の作り方をご紹介しますので、ぜひ海水作りの参考にしてください。

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

人工海水とは?海水魚を育てるときは必ず導入しよう

人工海水は、海水魚を飼育するための水として使用されるもので、天然海水とは異なり、特定の成分を混合して作成される水です。

海水魚を飼育する際、天然海水を常時ストックすることが困難な場合や、急な水質の悪化や病気の発生時に迅速に対応するために、人工海水をストックしておくことが推奨されます。

人工海水は、天然の海水を模倣して作られる水で、特定の成分を混合して作成されます。

天然海水と人工海水の2つの選択肢がありますが、人工海水の使用が一般的です。

一部のアクアリストは天然海水を使用していた時期もありますが、ストックの難しさや品質の一貫性から、現在は人工海水を主に使用しています。

特に、急な水質の変化や病気の発生時には、人工海水をストックしておくことで迅速に対応することができます。

そのため、安定した飼育環境を維持するためには、人工海水の導入が必要とされます。

参考として、人工海水の作成には以下のような材料や手順が必要です。

  • 人工海水の素
  • バケツ
  • オートヒーター
  • 水温計
  • 比重計
  • カルキ抜き
  • 水中ポンプ
  • 海水をかき混ぜるためのもの(例:塩ビパイプ)
  • 計量カップ

これらの材料を使用して、指定された比重と水温に調整しながら、人工海水を作成することができます。

人工海水のベストな比重は?水質調整のポイント

人工海水の素を溶かす際の水は、カルキ抜きした水道水や専用の「RO浄水器」で浄化したRO水が使用されます。

RO水は、コケの原因となるリン酸や珪酸が除去されており、特定の生体、例えば「ミドリイシ」のような水質に敏感なハードコーラルの飼育には適しています。

市販されている人工海水の銘柄は多数あり、どの銘柄を使用しても問題はありません。

しかし、溶けやすさやPHの安定性など、各銘柄には特長があります。

使用する銘柄は、使いやすさ、生体の状態、コストなどを総合的に判断して選ぶと良いでしょう。

人工海水を作成する際の比重は、1.020~1.023の範囲に調整するのが一般的です。

蒸発が激しい時期には、水の蒸発を考慮して1.020程度に設定すると良いでしょう。

比重計の使用時には、気泡が付着していないことを確認し、正確な測定を行うことが重要です。

プロが直伝!アクアリウムで使う人工海水の作り方

アクアリウムの中で泳ぐ魚たちにとって、適切な海水はその生活の基盤です。

特に、海水魚を飼育する際には、天然海水と人工海水の選択がありますが、人工海水の使用が一般的となっています。

ここからは、具体的な人工海水の作り方や必要な物を、プロも現場で活用する方法を伝授します。

人工海水を作るために用意する物

アクアリウムで人工海水を作成する際には、いくつかの必要なアイテムや材料があります。

これらのアイテムは、正確で安全な海水を作成するためのもので、適切な環境を魚たちに提供するためには欠かせません。

以下が、人工海水を作成するために必要な物の一覧です。

  • 人工海水の素
  • バケツ(例: 25リットル用のバケツで20リットルの海水を作成)
  • オートヒーター
  • 水温計
  • 比重計(例: カミハタの「ディープシックス」という比重計)
  • カルキ抜き(一部の人工海水の素にはカルキ抜き剤が含まれている)
  • 水中ポンプ(例: エーハイムのコンパクトポンプ1000)
  • 海水をかき混ぜるためのもの(例: 塩ビパイプ)
  • 計量カップ

これらのアイテムを揃えることで、人工海水の作成がスムーズに行えます。

特に、比重計や水温計は正確な数値を取得するための重要なツールとなりますので、購入時には品質の良いものを選ぶよう心がけましょう。

バケツに入れた水道水のカルキ抜きと水温調整

アクアリウムで使用する水道水には、カルキが含まれていることが多いため、まずはカルキ抜き剤を使用してカルキを除去します。

適量のカルキ抜き剤をバケツに入れた水道水に加え、よくかき混ぜます。

次に、オートヒーターと水温計を使用して、水温を熱帯魚が快適に過ごせる25℃~27℃に調整します。

水温が安定したら、次のステップに進みます。

人工海水の素を投入する

水温が適切に調整されたら、次に人工海水の素を投入します。

計量カップを使用して、必要な量の人工海水の素を計り、バケツに入れた水に少しずつ加えていきます。

この際、水中ポンプや塩ビパイプを使用して、水をかき混ぜながら人工海水の素を溶かしていきます。

人工海水と水を混ぜ合わせる

人工海水の素が完全に溶けたら、水中ポンプを使用して水を循環させ、均一に混ぜ合わせます。

この工程は、人工海水の成分が均等になるようにするために重要です。

十分にかき混ぜた後、しばらく放置して成分が安定するのを待ちます。

人工海水の比重を計測する

最後に、比重計を使用して人工海水の比重を計測します。

熱帯魚が快適に生活するための適切な比重は、1.020~1.025の範囲です。

比重がこの範囲内にない場合は、水を足して薄めたり、さらに人工海水の素を加えて濃くすることで調整します。

比重が適切な範囲になったら、アクアリウムに人工海水を移し替えて完了です。

まとめ:アクアリウムで使う人工海水の作り方

アクアリウムでの海水魚の飼育には、適切な人工海水の準備が欠かせません。

まず、カルキが含まれる水道水を使用する場合、カルキ抜き剤を用いてカルキを除去し、水温を熱帯魚が快適に過ごせる25℃~27℃に調整します。

次に、計量カップを使用して適切な量の人工海水の素を計り、水に少しずつ加えていきます。

水中ポンプや塩ビパイプを活用して、水をかき混ぜながら人工海水の素を溶かし、均一に混ぜ合わせます。

最終的には、比重計を使用して人工海水の比重を確認し、1.020~1.025の範囲に調整します。

この適切な比重の範囲内で海水魚を飼育することで、健康的な環境を提供することができます。

総じて、人工海水の作成は手順をしっかりと守ることで、簡単かつ正確に行うことができるのです。

熱帯魚の飼育方法がわからない!
水槽のメンテナンスができなくて困っている!

そんな方はお気軽に弊社へご相談ください♪
「ウィクチャーを見た」
と言っていただけたお客様限定で
初回相談費用が無料になります!

日本一巨大な水槽を管理する独自技術と
即日対応のアフターフォローにより
継続率99.2%を誇ります!

\ 今なら無料相談実施中 /

アクアリウム水槽の作り方
スポンサーリンク
株式会社Emas Designをフォローする
Wicture|ウィクチャ―

コメント